フラット35の申し込みと審査について

夢の私邸を建てるためフラット35を申し込んだけど、本審査で落ちたという方が意外にも多いのをご存知ですか。
その理由として考えられる原因はいくつかありますね! もしも年収200?300万円の方は難しいかもしれません。
他にも勤続年数が3年未満の方や、健康状態も判断されます。
クレジットカードの支払いが遅れたことがある方は、信用に欠ける人と判断されてしまい難しいでしょう。
これらに思い当たるふしがないという方は、もう一度支払いがしっかり済んでいるか確認してみましょう。
問題なく融資を受けられるように今から準備をしておきましょう。
フラット35で近い来年にでも新しく家を購入していく計画を立てている方で自分の家族にお金を出してもらい返済していく方は、是非、贈与税というものを理解しておきましょう。
この仕組みは、相続する金額によって税金がかかるもので例えば年間110万円を超えたお金を貰った場合、およそ1割を税金として納めなければなりません。
なのでそれ以下の金額であれば問題ありません。
思いもしないところから援助を受けることもあるので、支払いを上手に済ませるためにもこうした内容も確認しましょう。
今後必要になってくる税金や手数料も確認しておくと良いですね。
フラット35を申し込む際、必ず加入する保険がありますね! その保険会社とは「団体信用生命保険」を取り扱っている会社です。
団体信用生命保険という物は、世帯主に命の危険があった場合、残りのローンが無くなる。
という内容の保険です。
これは残されたご家族にローンの負担を残さない様にする為の特別処置です。
どの保証会社かはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所がほとんどです。
こちらが保証料を支払う必要がないので、安心して住宅を購入する事ができます。